• コンプライアンスセミナーで講師を務めました

    7月20日に日刊工業新聞東京本社で開催されたコンプライアンスセミナー「『しっかりした会社』を実現するために経営者・幹部が学んでおくべき法律の話」に講師として登壇しました。

    セミナー冒頭では、コンプライアンスリスクの自己診断シートを用いて、参加者の皆様に自社のコンプライアンス上の課題を意識してもらいました。セミナー本編では、私が顧問先企業とのコミュニケーションの中で発見した中小企業に共通するコンプライアンス上の課題について、細かい法律の話ではなく、経営判断につながる具体的なヒントを伝えることに主眼を置いてお話しました。

    参加者の多くは、わざわざセミナーに足を運んでくださるだけあって、自社で既にコンプライアンス対策を実施しており、より成果をあげるために情報を収集していらっしゃるということでした。別の見方をすると、より深刻なコンプライアンスリスクを抱えている企業は、そのようなリスクがあること自体を認識できていないという悪循環に陥っている可能性が高いと言えそうです。

    私としても、より広くコンプライアンス問題について啓蒙できるように努力していきたいと思っています。

    【今回のセミナーで取り扱った主な項目】

    ・会社の経営理念を浸透させるための組織づくりの方法
    ・従業員のモチベーションと会社の競争力を上げるための手順
    ・ブラック企業と名指しされないために
    ・経営判断の誤りを防ぐための仕組み
    ・最低限知っておくべき法律上のルール
    ・ハラスメント対策の方法
    ・ヒューマンエラーを防ぐための方法