• s_DSC_2703

    ART TAIPEI 2017 を見学してきました

    10月20日に、台北で開催中のART TAIPEI 2017 を見学してきました。

    先月、SEMICON Taiwan 2017 での興奮をお伝えしたばかりですが、興奮冷めやらぬうちに、またしても台湾の展示会イベントに参加して参りました。

    ART TAIPEI(正式名称:台北国際芸術博覧会)は、その名のとおり、年に一回開催される台湾で最大級の芸術博覧会です。今年は、10月20日から23日まで台北の世界貿易センターで開催されました。今年のテーマは「私立美術館の台頭」ということで、主にアジア地域のプライベートギャラリーがブースを開き、絵画、版画、彫刻、立体模型、その他様々な作品を展示していました。

    s_DSC_2704

    作者が恐るべき執念をもって完成させた作品を、わずか数秒ずつで見て回ることに申し訳ない思いを感じつつ、限られた時間の中で一つでも多くの作品に触れようと会場を練り歩きました。

    一点一点の作品に集中力を向けながら何百点もの作品を見ていると、体よりも先に頭が疲れてくることに気づきました。作品の持つ迫力や作者の込めた思いといったものががそうさせるのでしょう。

    s_DSC_2688

    自分の審美眼にはあまり自信が無いのですが、こうして様々な芸術作品に触れているうちに、少なくとも自分の好みはわかるようになってきました。

    本会場内にも、目に飛び込んできた瞬間にそちらに全ての意識が向いてしまうような作品、自分の感覚にぴたっとハマる作品というものが確実にありました。そのような作品と言えども必ずしも他人に評価されるとは限らないところが、芸術の難しくもあり、面白くもあるところですね・・・

    芸術系の展示会は初参加でしたが、期待に違わず非常に面白かったです。展示会の秋ということで、年内にもういくつか展示会に行く予定です。