• s_DSC_2372

    司法研修所第60期10周年記念大会に出席しました

    8月27日と28日に熱海の後楽園ホテルにて開催された司法研修所60期10周年記念大会に参加してきました。

    司法研修所とは最高裁判所が所管する研修機関で、司法試験合格者が実務に出る前に実務家としての基礎を学ぶ場所です(本体は埼玉県和光市にあります)。私も司法研修所第60期修習生として、約1500人の同期の仲間と一緒に1年4ヶ月の司法修習を経験し、2007年9月に弁護士登録しました。それから早くも10年。苦楽を共にした同期の仲間が10年ぶりに全国から集まる一大イベントが開催されました。

    初日は昼から、約700名の元修習生、つまり現在の裁判官、検察官、弁護士たちが一同に揃う立食パーティー。同期として普段から連絡を取り合っている仲間もいれば、本当に10年ぶりに顔を合わせる人もいて、まさに大規模同窓会という雰囲気でした。

    夜からのクラス別の懇親会では、苦楽を共にした顔なじみの仲間同士の近況報告に花が咲き、そのまま二次会に突入し、深夜までたっぷりと語り明かしました。同期の活躍話を聞いて刺激を受け、また、お互いに悩みをぶつけて励まし合い、非常に充実した二日間でした。

    次回は10年後に京都で20周年記念大会だそうです。その時までにどのような成長をして、同期の仲間たちにどのような報告ができるのでしょうか。これまでの10年とこれからの10年の分岐点に立っているのだ意識すると、自然と背筋が伸びるような気がします。そんなことを考えながら熱海を後にしました。